光フェイシャルエステの基礎知識

光フェイシャルとは

 

光フェイシャルとは、光を使用した美容法で、アメリカで開発されたアンチエイジングの最新技術です。

 

お肌に有効な光エネルギーを顔全体に照射することで、お肌の若返り効果が期待出来るため、たるみやくすみ、シワ、しみ、ニキビなどの、さまざまな肌トラブルの改善に有効です。

 

光フェイシャルに使用される光には、色々な波長の光が含まれており、このさまざまな波長の光を、キセノンランプを用いて照射します。

 

キノセンランプの波長が利用されるのは、色素の沈着や血管の拡張の改善に効果があるためで、くすみやシミ、そばかす、しわ、たるみ、毛穴の開きなどのトラブルを、お肌の内側から改善していきます。

 

また、光フェイシャルには、皮膚の真皮層でコラーゲンを作り出す働きを持つ繊維細胞を活性化し、コラーゲンの生成を促進させて増やす効果があるとも言われています。

 

さらに、光フェイシャルは、お肌への負担が少ない為、施術や治療を受けてから回復するまでのダウンタイムがありませんので、施術直後でも、メイクをすることが可能です。

 

但し、注意していただきたいこともあります。

 

極度に日焼けしやすいタイプの肌質の方や、既に過度な日焼けをしてしまっている方の場合は、この光フェイシャルをほどこす事で、かえってシミが増えてしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

光フェイシャルによる施術は、主にエステサロンや医療クリニックで行われているケースが多いようです。

 

光フェイシャルの特徴は、1回の施術ではなく、複数回繰り返し行うことで、効果が実感出来ると言うことです。

 

お肌の弱い方は、光フェイシャルを受ける前に、皮膚科医や医療機関で相談される事をおすすめします。そうする事で、安心して施術を受ける事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーグルトでダイエットするにはどうしたらいいのか

ダイエットにヨーグルトを用いることは賢明と言えます。
腸内環境を整える働きをしてくれる乳酸菌をたくさん含んだヨーグルトは、食後のデザートとして食べている方も多いのではないでしょうか。
しかし、ダイエット効果をもっとアップさせるためには、ヨーグルトの取り方に秘密があるのです。

 

●食前ヨーグルトが効果的
ヨーグルトを食べるタイミングといえば、おおよその方は食後ですよね。
しかしダイエットにヨーグルトを摂るのであれば、食前がおすすめです。
その理由は、お腹が空いている時の方がヨーグルトに含まれているたくさんの栄養素が体に吸収されやすくなるからです。
反対に、便秘を改善したいためにヨーグルトを食べている方は、食後に食べたほうが効果があります。それは胃酸の働きが小さくなっているからです。
自身に適したヨーグルトの食べ方を知っておくと、いざという時に役に立つかもしれないですよ。

 

●乳酸菌が腸まで届く
最近は乳酸菌の種類が多くなったと感じている人も多いかと思います。
もしダイエットにヨーグルトを用いるのであれば、乳酸菌の種類を厳選してヨーグルトを買うことをお勧めします。
乳酸菌が腸まで届くと善玉菌の作用を活発にしてくれることは変わりませんが、乳酸菌の種類にも得意分野があるのです。
腸内を整えてくれるのみならず、老廃物の排出をサポートしてくれる働きのある乳酸菌を選ぶのが良いでしょう。
他にも、乳酸菌は普通、酸や熱に弱いという性質を持っているので、腸に届くまでに胃酸などで尽きてしまうことが多いそうです。
生きて元気なまま腸に届く部類の乳酸菌にしなければ、ダイエット効果は満足に得られないでしょう。
近頃は生きたまま腸まで届く乳酸菌が多く販売されているので、購入の際には厳選して購入するようにしましょう。
あわせて読みたい⇒ 太もものダイエット

 

 

 

ウォーターサーバーを選ぶポイント

ウォーターサーバーを探していると、とても多くの種類があることがわかると思います。
1つに絞る必要があるわけですが、どこをポイントにすれば良いのでしょうか?

 

ウォーターサーバーは1回使いきりというわけではありません。
毎月費用もかかりますから、無理な負担がないように継続できなければいけません。
ですから、どれだけかかるのかある程度把握しておく必要があります。

 

ウォーターサーバーにかかる費用は水の入っているボトルだけではありません。
サーバーのメンテナンス料にレンタル料、毎月の電気代、水の配送料などもあります。

 

メーカーによってメンテナンス料とレンタル料、配送料は違います。
無料のとろこも多いので、1ヶ月の費用を算出しましょう。

 

水の入っているボトルをセットするサーバーには、安全装置付きのものと、そうでないものがあります。
安全装置とは、振動や倒れた時の衝撃、電気機器の故障、火災時に作動します。
ほとんどのサーバーに付いていますが、一応確認はしておきましょう。

 

また、サーバーの衛生面もポイントです。
ボトルの水は清潔ですが、サーバーにセットする時に外気に触れる構造では、細菌やほこりが入り込んでしまう可能性があります。
水が汚染されてしまったりカビの原因にもなるので、空気に触れない構造というのが大事です。

 

これらをチェックして、長く使えるウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。
ウォーターサーバ選びの参考サイト:ウォーターサーバー楽得便

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ